RSS
 

揺らぐ嗜好を越えて


今回はナイジェルケーボンの原点の言葉をご紹介いたします。




変わりゆくもの 決して変わらないもの


多くのものを消費し
様々な事を経験した後
ついにたどり着く価値観

トレンドや気分次第で揺らぐ嗜好を越えて


変わりゆくもの 決して変わらないもの
ナイジェルケーボン

本物を求め続ける すべての男達のために





これがナイジェルケーボンのコンセプトであり心に響く方には共感いただける部分だと思います。

もちろん今の自分に対してどのくらい心に突き刺さるかというのは人それぞれです。私自身今でもそうじゃないマインドの時もありますが、この言葉を思い出し買うならナイジェルと言い聞かせております。

その思考は購買に限らず持っていく荷物を用意している時などにもよくあります。

私の趣味ですがルアーをこれでもかというほど詰め込んであれもないと釣れないかもとか思ったりします。ですが体は一つしかありませんし心も一つです。

服も全く同じで一つのマインドで買わないといけないと思っています。

これが私のスタイルです。


今から特に使いやすいアイテム


今回はいま特に使いやすいアイテムをご紹介いたします。

考え方は大きくふたつに分かれると思います。長袖派、半袖派どちらもお住まいの地方や旅行先で着たいなどでも変わりますので参考までにしてみてください。

まず長袖シャツのおすすめ


上記は一枚で過ごしたい方にはピッタリのアイテムです。


上記は涼しいアイテムの為、山間部などでは一枚では寒いかもしれません。逆にジャケットなど羽織りが合わせられるアイテムでもあります。

半袖シャツのおすすめ


上記半袖シャツは長袖を着たいけど暑くて着れない、透けが気になるから薄手のシャツが着れないなどのイメージがある方にはピッタリです。


上記半袖シャツは涼しいアイテムの為、梅雨時や山間部では寒いかもしれません。

こうやって見ると初めての地方に旅行、出張などの際には

薄手のシャツ + 羽織りがマストなのかもしれません。

羽織りとしておすすめは↓

LOGISTIC JACKET-HEAVY DUNGREE(ブリティッシュオフィサーズシャツに近い生地感で着れます)
FRENCH WORK JACKET-LINEN PINOX(堅いジャケットスタイルが苦手な方にお勧め)
FRENCH CHINA JACKET-10oz DENIM(軽くて心地よく着れます)
GERMAN MOUNTAIN PARKA-REVERSIBLE(梅雨時は特にお勧め)
FARMER JACKET-HEAVY HERRINGBONE TWILL(背抜きで涼しいザラっとしたジャケット)
COBBLER JACKET-HEMP STRIPE(定番のブリティッシュオフィサーズシャツをヘンプで作ったかの様な質感でつい着てしまいます)
COBBLER JACKET-HEMP CHECK(ヘリンボーンツイルとヘンプストライプ生地の丁度真ん中に属する生地感で素材自体の発色も真ん中で普通はこの色は出ません)

ぜひ夏の素敵な思い出をナイジェルケーボンの服に刻んでいただけたら嬉しいです。

普通では表現できない素材感


今回は普通では表現できない素材感についてお話しいたします。

ナイジェルケーボンアイテムの凄いところは生地を超えて表現されているところにあります。普通はコットンはコットンの質感、リネンはリネンの質感、ヘンプはヘンプの質感しか出ません。

しかしナイジェルアイテムはコットンでリネンの質感、リネンでコットンの質感、ヘンプでコットンの質感が出ていたりします。これは組織(織り方)や糸自体の作り方、糸の素材、染料などによるものでこの全ての特性を知り尽くしていないと生地すら仕上がりません。

近年では色だけビンテージに近づけたり形だけビンテージを採用しているものが多く見られます。

要素が全て揃って初めてビンテージの枠に入れる権利があります。
そしていつまでも変わらないのは普遍的なディテールと中身だと思います。

ビンテージを超えた現代のビンテージの世界を自分で作り上げて頂けたらと思います。


これじゃなきゃいけないと思えるもの


今回は私の中でこれじゃなきゃいけないものについてお話します。

私自身趣味で釣りをするのですが今はこれじゃなきゃいけないと言うものがはっきりあります。釣具だけに限らず服においても言える事ですが、釣具で言うとリールの巻き取りピッチや音などです。正直なところ釣果に直結しない部分です。でも私にとっては釣果よりも大切で魚の大きさよりも大切な部分です。

ギアの鼓動を感じながらスプールから糸が放出される。ルアーは狙ったポイントまで吸い込まれるように飛んでいく。その際糸が風の抵抗を受け空気に持ち上げられ落ちるべきところに落ちる。

この対空時間がとても心地よく想像しただけでワクワクしてきます。

その対空時間を楽しめない道具は私の中で使っていても心に残らなくたとえ何匹釣っても残念な気持ちになります。

私にとってナイジェルケーボンじゃなきゃいけない理由が明確にあります。そもそもそういうものじゃないと使いたくありませんし使いません。

ダイレクトな鼓動感と服から感じる生命感はナイジェルケーボンならではだと思います。





前の回の続きです


WOMAN
ジャケット

ベスト

ワンピース・ドレス

シャツ・ブラウス

カットソー
長袖
半袖

スカート

パンツ
ストール



またわからないことがございましたらお気軽にDMなどでお問い合わせくださいませ。


アイテム毎の快適な時季


今回はアイテム毎の春夏に快適な時季をご案内致します。
もちろん感じ方に個人差はありますので参考までにしてみてください。

MAN'S
アウター(ブルゾン)

ジャケット

ベスト

シャツ
長袖

半袖

カットソー
長袖

半袖


次のブログへ続きます

幸せな時間を共に過ごす


今回は幸せな時間を共に過ごす服の存在についてお話ししたいと思います。

私もそうですが生活の中で人の心に刻み込まれる瞬間があります。その大切な瞬間をどう過ごすかで自分の充実度が大きく変わってきます。プレゼントされた時や食事中、旅行や趣味など。

私は何をするかよりどんな時間を過ごしたいかを意識して過ごしています。もちろん物事には好き嫌いもあると思いますが、”どんな時間”という観点から言うと何をしても充実するはずです。そうすると自宅大好きになる方も増えるかもしれませんが(笑)

私が洋服を眺めながら一杯できないといけないんですと店頭でよく言っています。この不思議な色なんだろう?この不思議な生地なんだろう?とニヤニヤしながら気づいたら朝なんてことありませんでしょうか(笑)

そして服に限らず靴のお手入れや音楽を聴いてたら朝なんてこと普通ではないでしょうか?(笑)私だけでしょうか(笑)

誰も見ていない時間や誰かと過ごすとき大切にしていただきたいと思っています。

どんな時に着るかよりもいつでも着たい服


今回はいつでも着たい服についてお話ししたいと思います。

表題のどんな時に着るかということについてですが確かにこの着方は存在します。
例えば飲食店など食事を作っている方に礼儀としてジャケットなど羽織っていくことはお互いを尊重している証です。コンサートなどそのアーティストのスタイルと同じ格好をするのは敬意の現れです。誰でもわかる話ではディズニーランドで耳をつけるのと一緒です(笑)

ここからいつでも着たい服のお話です。

いつでも着たい服とは自分と服だけの時間に着るものを指します。簡単に言えば一人で美術館へ行ったり、一人でガレージで薪割りをしたり正直言って誰も見ていません(笑)

しかしその時こそ個性が一番出る時で個性を熟成させる時でもあります。その時完成し熟成した個性で服を着ることがもっともおしゃれな着方となりオーラまで発します。一日5回くらい着替えてたらかなり個性をもった大物だと思われます(笑)

人と違ったことや物をもつことが個性と勘違いされていることが多いように思います。個性は内面から溢れ出るものが本物の個性だと思います。そしてその個性をもって身にまとうのが洋服という順番だと思います。

ここまで来るといつでも着たい服が欲しくなります。個性が強く固まっているので心底パワーを持った服でないと服が負けてしまします。ナイジェルはそれを受け止めて最低でも50対50、理想は40(ナイジェル)対60(個性)です。

そしてしばらく着ていると150%くらいのパワーまで引き上げてくれます。ナイジェルワールドへのチケットTAKIMOTOで販売しております(笑)




おすすめサイズについて


今回は各種おすすめサイズについてご案内いたします。

まずブルゾン・シャツジャケット系ですが

M43 WORK JACKET
こちらは通常のサイズでお選びいただくことをお勧めいたします。理由として肩の入り方で合わせていくジャケットでいつもシャツなど46をお選びいただいている方は46で、違和感なく着れます。こちらに関してはサイズアップは選択肢としてないように思います。

USMC PARKA
こちらは腕がアームホールをクリアしてしまえばお好みのサイズ感でお選びいただけます。袖丈があまり長くない設定の為サイズアップ方向でお選びいただくことをお勧めいたします。

FIELD JACKET
こちらはいつものサイズでお選びいただくことを標準としてサイズアップも可能となりますが、基本的にはサイズダウン方向をお勧めいたします。袖丈が長めの為サイズアップすると袖がもたつくことがあるかもしれません。

ここからジャケット・ベストのお話です。

MALLORY JACKET
こちらのジャケットはいつものサイズがお勧めとなります。もちろんデニム自体の今後の伸縮を考えてサイズアップも選び方の一つとなります。

COBBLER JACKET
こちらはいつものサイズよりワンサイズダウンが標準となります。こちらもサイズアップすると肩の入り方に違和感を感じますのでサイズダウンをお勧めいたします。

FARMER JACKET
こちらもコブラージャケット同様にサイズダウンが標準のサイズとなります。ただし袖丈が長くない為、ベストなどインナーのボリューム次第でサイズアップも可能となります。

COBBLER VEST
こちらのベストはいつものサイズを標準としてサイズダウンもサイズアップも可能です。ただしベストの形的に標準サイズもしくはサイズダウンをお勧めいたします。

ここからシャツのお話になります。

BRITISH OFFICER'S SHIRT TYPE2-HEMP
こちらのシャツはワンサイズダウンが標準の選び方になります。もちろんいつものサイズでお選びいただくこともできますが袖丈が長くなりますのでお好みでお選びください。

ARMY SHIRT
こちらはNEW MEDICAL SHIRTのサイズ感に近いサイズ感となります。標準もしくはサイズアップがお勧めとなります。基本的にはサイズアップ方向がお勧めです。

他の商品のサイズ感などお困りの場合はブログを遡っていただければ標準の選び方を記載してありますのでお読みくださいませ。

ページトップへ